社会医療法人仁寿会は、医療介護複合事業体として、大田・邑智地域へ医療・介護サービスを提供しています。

医療法人仁寿会

本文へジャンプします。

文字サイズの変更 小 中 大

トップページ

理事長ごあいさつ

理念・行動指針

組織の概要

スタッフ募集・採用情報

トップページ在宅療養支援病院 訪問診療のご案内

ここから本文です。

訪問診療のご案内

 加藤病院は、ご自宅にて定期的に診察を行う訪問診療を専門的に行うことができる在宅療養支援病院です。私たちは訪問診療を通じて、在宅での患者さまの計画的で安心な健康管理を行っております。

 訪問診療とは、ご自宅に定期的に診察に伺い、計画的な健康管理を行うものです。
緊急時には、24時間365日体制を整える「在宅診療科」として、患者さまの健康管理を行います。具合が悪くなったときだけ医師が診察するものではなく、常日頃から関わることできめ細やかな対応をさせていただけるのです。訪問診療では治療だけでなく、寝たきり、褥そう(床ずれ)や肺炎の予防、栄養管理、在宅でのリハビリ支援なども行っております。当院では、患者さまが安心して療養を続けられるように、他の医療機関や介護事業者の方々とも協力しながら、患者さまを総合的にサポートしております。

ポイント① 緊急時には24時間、365日対応いたします。

 訪問診療をお受けの患者さまには、24時間365日で、電話相談(電話再診)、緊急訪問看護、医師の緊急の往診のいずれかで対応し、必要に応じて救急搬送、当院への入院やその他の病院への手配を行います。

ポイント② 他の介護サービスと連携し在宅での健康管理をサポートします。

 介護サービスを受けるためには、かかりつけの「主治医」が必要です。当院の在宅診療科は、患者さまの在宅での状況を把握した「在宅主治医(在宅かかりつけ医)」として、他の介護サービスと円滑な連携を図ります。

在宅主治医としての介護サービスへの関わり

  • 主治医意見書の作成
  • 訪問看護指示書、訪問リハビリテーション指示書の作成
  • 診療計画の策定と調整
  • ケアマネージャーとの診療情報の共有
  • 患者さまの診療に関する担当者会議・退院前の検討会議への参加
  • 難病申請書、公費助成を受けるための助言や書類作成

ポイント③ 高度医療機関と連携し、在宅の皆様へ安心を提供します。

 在宅で安心して療養を続けるためには、病状が急変した際に入院や検査を受け付けてくれる病院の協力体制が不可欠です。在宅診療科では、当院での可能な診療体制の提供と、さらに必要に応じて、他の高度医療機関と連携し、緊急時の対応を行っております。

在宅主治医としての支援医療機関とのサービス調整の役割

  • 救急時の入院受け入れと、高度医療機関への診療依頼
  • 専門的な超音波検査、内視鏡検査、CT、MRIの予約、依頼、実施
  • 専門医による診療の予約、依頼

ポイント④ 在宅でも多様な医療が提供可能です。

診察について

【計画的な診療】

 毎週1回訪問する曜日とおおよその時間を決めてお伺いします。
病状が安定しておられれば隔週で伺うことも可能です。
診察は全身の診察と、血圧、脈拍、体温、動脈血酸素飽和度(呼吸状態の目安となります)等の測定を行います。主治医は、かかりつけの総合診療医として全身の症状を拝見します。専門的な対応が必要と判断した場合、専門医や医療スタッフとともにチームで診療にあたります。在宅医療もインフォームドコンセント(説明と同意)を基本にしておりますので、わからないことや不安に思う事も気軽にお問い合わせ下さい。ご理解いただけるようわかりやすくご説明いたします。

処方せんについて

 診察の際、お薬が必要な患者さまには処方せんを発行いたします。処方せんは、お近くの調剤薬局にお持ちいただければお薬と引き換えることができます。薬局に行くのが困難な場合、薬剤師さんにお薬を届けてもらう事(有料)や郵送等も可能ですので、お気軽にご相談ください。

検査について

 必要があれば、下記の検査を在宅で実施いたします。CTやMRI、内視鏡などの精密検査が必要な場合は、加藤病院や支援医療機関に予約し検査を行います。

  • 血液検査尿検査便検査
  • 心電図検査
  • 超音波検査

治療について

 下記の医療が提供可能です。診療内容により、ご本人・ご家族の理解や経験などにより実施できない場合もあります。事前にご相談ください。

  • 一般的な高血圧や高コレステロール血症などの内科的治療
  • 痛みやかゆみの対処
  • 在宅酸素療法の管理
  • 経腸栄養(胃ろう・腸ろう)の管理
  • 栄養管理
  • 尿道カテーテルの管理
  • 外傷や褥瘡などの外科的処置や指導
  • 心臓ペースメーカーの管理
  • 注射(インスリンなど)の管理指導
  • 神経ブロック
  • 点滴
  • ターミナルケア・在宅ホスピス
  • 麻薬の処方や管理
  • 急な病状の変化や病状の不安定な患者さまの必要な薬剤の事前処方

上記以外の治療も行えますので、事前にご相談下さい。

ポイント⑤ 急変時も安心できる診療体制を作っています。

1.緊急診療(電話再診・緊急訪問看護・緊急往診)

 在宅診療科による訪問診療を受けておられる患者さまは、体調の急な変化や、誤薬などの相談も24時間電話相談(電話再診)が可能です。また、必要に応じ、緊急訪問看護の手配、医師の緊急の往診、連携医療機関の専門医への紹介状作成、入院先の手配なども24時間体制で対応いたします。
※なお、ご家族さまの緊急診療は、在宅診療の主治医としての契約がないため対応できません。

2.救急要請

 患者さまの病気の具合により、緊急での往診よりも、早期の高次連携病院への搬送が必要と判断した場合は、救急車を要請(119番)する場合があります。たとえば、ろれつが回らない(脳卒中)、胸痛(心筋梗塞)、呼吸困難、下血といった緊急度の高い病状や、迅速な検査をすすめないと生命に悪影響をおよぼすと判断した場合などです。このような場合はかかりつけ医として、救急の受け入れ病院の手配や、搬送先病院への患者さまの診療情報提供を迅速に行い、スムーズな診療連携をはかります。

3.緊急支援依頼先病院

 加藤病院への搬入が空床がなく困難な場合や、病状の程度により下記高次医療機関への搬送を依頼いたします。

  • 公立邑智病院
  • 済生会江津総合病院
  • 大田市立病院
  • 浜田医療センター
  • 県立中央病院
  • 島根大学付属病院
  • 広島市立安佐市民病院

ポイント⑥ 在宅でのターミナルケアや看取りも責任を持って行います。

 がんの終末期や老衰で弱られてからも住み慣れた自宅で過ごすこと、そしてご自宅で最期の時を過ごすことは不可能なことではありません。当院は、訪問診療、訪問看護により痛みや苦しみを和らげ、心理的精神的ケアを行い、患者様が亡くなる直前まで生き生きとし、ご家族の看病や死別の負担を和らげることを目指しターミナルケアと看取りを行なっております。

ポイント⑦ 訪問看護や訪問リハビリテーションも受ける事が出来ます。

介護保険を利用する訪問看護

 定期的にご自宅に伺い、看護師が対応可能な清潔管理や人工肛門管理などのケアや処置、お薬の管理や配薬を行います。健康相談や栄養相談、ご家族の介護の支援も行います。医師と協力して患者さまの健康管理を致します。

医療保険を利用する訪問看護

 体調の急変時や、看護師による医療処置が必要になった場合、医師の指示により2週間まで期限を設けて看護師の訪問健康管理が受けられます。この場合は医療保険適応になります。

訪問リハビリテーション

 脳卒中、肺炎後などによる身体機能低下した患者さまの機能回復や維持のために、理学療法士、作業療法士が定期的にリハビリにご自宅にお伺いいたします。専門性の高いリハビリによって、生活の質(QOL)や、日常生活のレベル(ADL)の維持向上を目指すことができます。ADLの低下は、ご家族の介護負担を大きくし、褥瘡や誤嚥性肺炎、尿路感染(膀胱炎や腎盂炎など)の危険性を高め、患者さまの生命に影響します。当院では、整形外科医のバックアップを受け、主治医が理学療法士や作業療法士とともに、患者さまにあった安全で効果的なリハビリをご提案し実施しています。

ポイント⑧ グループホームや老人福祉施設へも訪問診療を行っています。

 普段の健康管理はもちろん、施設での終末期医療(ターミナルケア)、緩和ケア、看取りなども、責任を持って24時間サポート致します。新しく居住系施設の開設をお考えの皆様にも開設後の医療支援に関してご提案をさせていただき、開設後の医療支援を提供致します。

ページの先頭へ戻る

Copyriht(c)2010 Jinjukai healthcare corporation All right reserved.